競馬新聞を使った投資競馬を実践しています。馬券を買う以上に競馬予想が楽しくなってしまい、今回こうして競馬ブログを立ち上げてみました。競馬予想を、たくさんの競馬ファンの方に見てもらえると嬉しいです。


by j1r

第143回天皇賞(春)

第143回天皇賞(春)

京都競馬場で行われるG1の天皇賞(春)。
出走馬の中で期待しているのはペルーサで、前哨戦の日経賞では2着を確保。
今回人気となっているトゥザグローリーには2馬身半の差をつけられたものの、休み明けでの一戦だった事もあり、ひと叩きされた上積みに期待してみたいと考えています。
また、近走では課題のスタートをしっかりと決めているように、不安材料が減ってきた事はプラスで、1年前の青葉賞ではトゥザグローリーを完封した経験がある点も強味。
4歳勢の中でも素質の高さはトップクラスと言える存在だけに、ここでも有力な一頭と注目しています。
[PR]
by j1r | 2011-05-01 13:04 | 競馬予想・解説