「ほっ」と。キャンペーン

競馬新聞を使った投資競馬を実践しています。馬券を買う以上に競馬予想が楽しくなってしまい、今回こうして競馬ブログを立ち上げてみました。競馬予想を、たくさんの競馬ファンの方に見てもらえると嬉しいです。


by j1r

カテゴリ:競馬予想・解説( 81 )

第47回函館記念

第47回函館記念

出走予定馬の中で期待しているのはキングトップガンです。
8歳になった古馬ですが、ここに来て本格化が感じられる一頭。
前走の目黒記念で初の重賞制覇を飾っており、51キロの軽ハンデに恵まれたとは言え早めに仕掛けて後続の末脚を封じた点も好印象な内容でした。
また、3走前のオープン特別では18番人気と低評価ながらに勝馬とクビ差の接戦を演じており、ここ3戦の安定した走りからも想像以上に成長を遂げている様子が感じられます。
中間には短期放牧でしっかりとリフレッシュしていて、調教での動きも上々という事なので、初の重賞Vを飾った勢いで連勝も期待してみたいと考えています。
[PR]
by j1r | 2011-07-20 11:02 | 競馬予想・解説
第16回プロキオンステークス

出走予定馬の中で期待しているのはナムラタイタンです。
デビューから無敗で6連勝を飾った素質馬ナムラタイタン。
勝ち星から遠ざかった昨年の夏以降は、追い切りでの動きもいまひとつといったものが多く地味さを見せていた同馬。
しかし現在は調教での動きも上々で、前走のオアシスステークスを勝ち上がった事からも、調教時と実戦の動きが直結するタイプである可能性が高く、好状態をキープしている今なら改めて見直してみたい一頭と考えています。
[PR]
by j1r | 2011-07-09 13:56 | 競馬予想・解説

竜飛崎特別

竜飛崎特別

出走馬の中で期待しているのはコスモナダルとタイセイファントムの2頭です。
まずコスモナダルは、昇級後に2着→2着と連続で連対を確保しており、勝馬との差もハナ、クビと極めて僅差。
すでにクラスにはメドが立っていて、小回りコースへの適正が高い点も魅力的な馬で、休み明けとなる今回も軽視は禁物と考えています。
また、タイセイファントムはダート1600mで1分37秒0の走破時計があり、G3のユニコーンステークスでも4着に善戦した実績がある馬。
古馬が相手となるここでも活躍が期待できるでしょう。
[PR]
by j1r | 2011-06-25 13:12 | 競馬予想・解説

第28回エプソムカップ

第28回エプソムカップ

出走馬の中で期待しているのはアニメイトバイオ。
昨年のローズステークスを勝っている実績馬で、阪神ジュベナイルフィリーズや秋華賞などG1での連対実績もある馬。
現4歳世代の牝馬では上位クラスに位置しており、前走のヴィクトリアマイルも7着という結果ながら半年ぶりのG1参戦で勝馬と0.4秒差なら上々と言えるものでした。
牡馬が相手で斤量も56キロと条件的に厳しい一戦ではありますが、叩き2戦目と走り頃のここで力を出す事ができれば上位争いも可能と予想しています。
[PR]
by j1r | 2011-06-12 01:51 | 競馬予想・解説

ルミエールステークス

ルミエールステークス

新潟競馬場で行われるオープン特別のルミエールステークス。
出走馬の中で最も期待しているのはエーシンヴァーゴウで、前走のオラシオンステークスを制し4勝目を飾っています。
今回は昇級初戦で初の直線競馬と未知数な点は多々ありますが、この馬のスピード性能なら十分勝負になっていいと感じています。
また、対抗馬にはナイアードと考えており、前走の邁進特別で楽に押し切る強い競馬を見せていたように、高い直線競馬への適正を買ってみたいと考えています。
[PR]
by j1r | 2011-05-29 01:16 | 競馬予想・解説
第6回ヴィクトリアマイル

出走馬の中で期待しているのはワイルドラズベリーです。
ワイルドラズベリーは昨年秋に行われたローズステークスで、休み明けながらメンバー中最速の上がりをマークする末脚を使いアタマ差2着と善戦。
そして、続く秋華賞でも後方から追い込みアパパネと0.3秒差の4着を確保。
3歳牝馬という身で挑戦を挑んだマイルチャンピオンシップでは8着に敗れましたが、勝ったエーシンフォワードとの差は0.5秒と健闘の範囲で、世代トップレベルの能力を秘めている馬と評価しています。
前走の中山牝馬ステークスは、1番人気の支持を集めながら結果を残す事ができませんでしたが、休み明けをひと叩きされた今回は侮る事ができない存在です。
[PR]
by j1r | 2011-05-14 21:12 | 競馬予想・解説

第143回天皇賞(春)

第143回天皇賞(春)

京都競馬場で行われるG1の天皇賞(春)。
出走馬の中で期待しているのはペルーサで、前哨戦の日経賞では2着を確保。
今回人気となっているトゥザグローリーには2馬身半の差をつけられたものの、休み明けでの一戦だった事もあり、ひと叩きされた上積みに期待してみたいと考えています。
また、近走では課題のスタートをしっかりと決めているように、不安材料が減ってきた事はプラスで、1年前の青葉賞ではトゥザグローリーを完封した経験がある点も強味。
4歳勢の中でも素質の高さはトップクラスと言える存在だけに、ここでも有力な一頭と注目しています。
[PR]
by j1r | 2011-05-01 13:04 | 競馬予想・解説

山陽特別

山陽特別

阪神競馬10Rの山陽特別で期待しているのはドリームバスケットです。
昇級してからも、2着→2着と安定感のある好走を続けており、前走の須磨特別でも中団待機からしっかりと脚をためて最後は勝馬と0.1秒差まで追い込んできました。
気性的な成長が著しい点も信頼度を上げており、距離短縮に不安のないここは優勝候補と見ています。
現時点で単勝オッズ1.3倍と圧倒的な人気となっており馬券妙味は少ない馬ですが、外す事のできない存在である事は間違いないでしょう。
[PR]
by j1r | 2011-04-16 13:53 | 競馬予想・解説
第29回中山牝馬ステークス

今年は阪神競馬場で行われるハンデ重賞の中山牝馬ステークス。
出走馬の中で期待を寄せているのはワイルドラズベリーです。
今回と同舞台で開催された2010年のローズステークスで2着に善戦しているよいうにコース適性の高さは十分と言えますし、これまで課題だった気性面も成長した事で克服した印象。
レコード決着でのG1競走とハイレベルな一戦だった前走のマイルチャンピオンシップでも、牡馬を相手に勝ったエーシンフォワードとは0.5秒差と健闘を見せました。
今回は休み明けでの出走となりますが、牝馬限定でのレースとなるここは上位浮上が期待できると思います。
[PR]
by j1r | 2011-04-02 12:16 | 競馬予想・解説

大牟田特別

大牟田特別

小倉競馬の最終レース・大牟田特別で期待しているのはリッカスウィープです。
目下3戦が小倉の芝1200mで、3着→2着→3着と好走している同馬。
前々で立ち回る事ができる器用さが強味で、中館騎手との相性も◎。
中間の調整も順調でデキ落ちのないここは、再度上位争いになると予想しています。
また、対抗馬として注目しているのはシルクマタドール。
昨春から6戦を消化し、全て掲示板を確保する安定感を見せている馬で、堅実さが評価できる一頭です。
コースや馬場状態を問わずに走れる点も魅力で、相手筆頭と考えています。
[PR]
by j1r | 2011-03-05 15:58 | 競馬予想・解説