「ほっ」と。キャンペーン

競馬新聞を使った投資競馬を実践しています。馬券を買う以上に競馬予想が楽しくなってしまい、今回こうして競馬ブログを立ち上げてみました。競馬予想を、たくさんの競馬ファンの方に見てもらえると嬉しいです。


by j1r

カテゴリ:競馬予想・解説( 81 )

第28回フェブラリーステークス

東京競馬場で行われるマイルのG1戦フェブラリーステークス。
出走馬の中で期待しているのはフリオーソです。
これまでに参戦した中央のG1では、10着、7着と結果を残せずにいましたが、地方競馬の交流G1では過去に5勝を飾った実績があり、ここでも能力の高さは互角以上。
前走の川崎記念でも2着馬に5馬身差をつける圧勝を飾っているように、久々の中央参戦でも地力強化された今ならチャンスも十分にあると考えています。
[PR]
by j1r | 2011-02-20 14:56 | 競馬予想・解説

第51回きさらぎ賞

第51回きさらぎ賞

京都競馬場で行われる3歳重賞のきさらぎ賞。
出走馬の中で期待しているのはトーセンラーで、新馬戦を勝ち上がってから500万下で2戦連続3着を確保している1勝馬です。
ただ、2戦目のエリカ賞ではインに閉じ込められる競馬で実力を発揮する事ができず、それでも勝馬と0.3秒差まで粘りを見せてた同馬。
また、3戦目の福寿草特別でも外を回るロスがありながら、勝馬とは時計差なしの決着と負けて強しの内容でした。
今回は優勝経験のある京都の芝1800mコースに戻る事から、好勝負を期待してみたいと考えています。
[PR]
by j1r | 2011-02-06 12:45 | 競馬予想・解説

第18回平安ステークス

第18回平安ステークス

京都競馬場で行われるダート重賞の平安ステークス。
出走馬の中で特に期待しているのはインバルコで、ハンデ57キロを背負い勝ち上がった前走・師走ステークスの内容を高く評価しています。
その師走ステークスでは、3コーナー手前から息の長い安定した脚を使い、粘り強さを見せ後続を退けました。
やはり追ってバテないスタミナがこの馬の最大の魅力で、持久力勝負になれば重賞のここでも互角以上の力を発揮してくれると思います。
引き続き好状態も維持できているようなので、一角崩しの可能性も視野に入れています。
[PR]
by j1r | 2011-01-23 15:00 | 競馬予想・解説

許波多特別

許波多特別

京都競馬場で行われるこのレースで注目しているのはダークシャドウです。
ダークシャドウはデビューから差し切って2連勝を飾り、注目度を高めた素質馬。
一気に3ハロンの距離延長となった3戦目の支笏湖特別では、勝負どころで失速してしまうシーンがありながらも4着と善戦し、重賞初挑戦だった前走のセントライト記念でも勝馬と0.3秒差の5着に入り、改めて能力の高さを証明して見せました。
今回もまたレース間隔が空いていますが、この条件とメンバー構成なら楽に勝ち切る事も可能で狙い目は十分と見ています。
[PR]
by j1r | 2011-01-08 14:33 | 競馬予想・解説

第63回鳴尾記念

第63回鳴尾記念

阪神競馬場で行われるG3の鳴尾記念。
出走馬の中で注目しているのは、3歳勢の筆頭ヒルノダムールです。
春のG1戦線でも存在感のあるところを見せ、皐月賞では2着に好走したり、ダービーや菊花賞でも3番人気の支持を集めていた素質馬です。
前走の菊花賞は、流れが合わず道中で窮屈になる不利が大きく響き人気に応える事ができませんでしたが、その後の回復は早く順調な調整を終えており、中間にも好時計を出すなど状態面への不安はありません。
距離やコース等にも問題がなく、能力的にスムーズな競馬さえできれば勝ち負け可能と予想しています。
[PR]
by j1r | 2010-12-03 23:48 | 競馬予想・解説

第46回福島記念

第46回福島記念

福島競馬開催の最終週を飾る重賞の福島記念。
ハンデ戦という事もあり波乱が予想される一戦ではありますが、私はあえて実績馬のナムラクレセントに期待してみたいと考えています。
同馬は菊花賞3着や阪神大賞典3着、そして今年の春に行われた天皇賞でも4着に好走した実績があり、このメンバーなら力が一枚上と言える存在です。
休み明けだった前走のカシオペアステークスで2着を確保し、今回は走り頃の叩き2戦目。
2000mで3勝、1800mで2勝の実績があるように距離的な問題もなく、荒れ予想でオッズが上昇するようなら尚嬉しい一頭です。
[PR]
by j1r | 2010-11-18 23:31 | 競馬予想・解説
第44回スプリンターズステークス

中山競馬場で行われるG1のスプリンターズステークス。
私がメンバー内で注目しているのはワンカラットで、函館スプリントステークスとキーンランドカップを優勝し、重賞連勝中と勢いに乗る上がり馬です。
好調状態は維持できているようで、中山の芝1200mの舞台は前残りになりがちなコースという事もあり、前々で競馬のできる先行力は大きな強味と考えています。
という事で、スプリント路線で才能を開花させてきた素質馬ワンカラットに、大舞台での活躍を期待してみたいと思います。
[PR]
by j1r | 2010-10-03 14:54 | 競馬予想・解説

TVh賞

TVh賞

今日の札幌メインTVh賞で本命に推したいのはメイショウバレーヌです。
前走は5着に敗れた同馬ですが、スタートでのダッシュがつかず後方2番手からの競馬。
それでも直線では外から良い脚を使い上位まで追い込む内容の濃いものでした。
今回は減っていた場体も戻っているようですし、全3勝を挙げている1200mの距離もベスト。
武豊を鞍上に勝ち負けまで期待してみたいと考えています。
[PR]
by j1r | 2010-09-18 12:39 | 競馬予想・解説
第30回小倉2歳ステークス

G3の小倉2歳ステークスで期待しているのはシゲルキョクチョウです。
メンバー内で唯一2勝を挙げている馬で、勝ったデビュー戦、続くオープン特別のフェニックス賞は共に、今回と同じ小倉の芝1200mコースで行われたレースでした。
1週前追い切りは実施しておらず、先月の29日に栗東の坂路で4ハロン57秒6と流す程度の調教を行った同馬ですが、前走時も同様の調整でレースに挑み2馬身半差の圧勝を飾っている事から、今回も不安はないと考えています。
軸馬としての最終的な判断は最終追いを見てからと考えていますが、馬券からは外せない一頭と期待しています。
[PR]
by j1r | 2010-09-02 21:32 | 競馬予想・解説

第46回札幌記念

第46回札幌記念

札幌競馬場で行われるG2の札幌記念。
私がこのレースで期待しているのはジャミールで、安定感と充実度が魅力的な一頭です。
休み明けだった前走の函館記念も、3走前のG2・阪神大賞典に続き2着を確保。
重賞でも上位争いできるだけの能力がある事を改めて印象付けた一戦で、相手が強化される今回もチャンスは十分あると考えています。
また、馬体もバランスのあるしっかりと体つきに成長しており、ひと叩きした上積みも期待できそう。
器用なタイプなので小回りコースにも対応できると思いますし、札幌では1戦1勝の実績があり、条件的な不安がないここは活躍を期待してみたいと思います。
[PR]
by j1r | 2010-08-18 17:15 | 競馬予想・解説